--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

  • 嫁♪ 

  • こんにちは♪
    本格的スモーカーですねぇ。

    熱・温・冷燻が一気に作れるなんて
    本当にすごいと思います。

    自作スモーカーでの
    燻製作り報告楽しみにしてます❤
  • 2010/03/03 13:56 | URL 
  • sakuraパパ 

  • > こんにちは♪
    > 本格的スモーカーですねぇ。

    そのつもりで作りましたので、一応温度管理がしっかり出来れば
    後は味付けと根性で 頑張ります !!

    > 熱・温・冷燻が一気に作れるなんて
    > 本当にすごいと思います。

    素人が作った燻製器ですので・・・^^;

    > 自作スモーカーでの
    > 燻製作り報告楽しみにしてます❤


    我ながら美味しい燻製が出来る事を祈るばかりです・・
    これで出来たらまた ご報告しますね
    うれしいコメント有難うございました。
  • 2010/03/03 18:27 | URL 
  • まーがれっと 

  • 完成おめでとうございます。
    素晴らしい出来ばえですね。
    てっきりNASAが開発したのかと思いましたよ!Σ( ̄口 ̄;;

    今度はこれを使った燻製の記事を楽しみにしています。
  • 2010/03/04 14:02 | URL   [ 編集 ]
  • sakuraパパ 

  • > 完成おめでとうございます。
    ・・・ ありがとう (^-^)ゞ ポリポリ


    > てっきりNASAが開発したのかと思いましたよ!Σ( ̄口 ̄;;
    実はそうなんですよ~・・・特注の発注でして・・^^;

    本当に嬉しいコメントに感謝です !!
    これで作る燻製の味は 格別だと思います !!!!!
    その時は生唾物で 実況しますのでお楽しみに  (^^♪



    > 今度はこれを使った燻製の記事を楽しみにしています。
  • 2010/03/04 17:17 | URL 
  • 怪しい調理人 

  • これ、ネット通販したら爆引き合い沸騰間違いなしです。
    絶対関係者の方の中に設計部門にいらした方がいらっしゃるでしょう(^v^)
    素晴らしい出来栄えです。
    はやくこのスモーカーでの燻製制作記を掲示してください。
    待ってます。
  • 2010/03/05 00:20 | URL   [ 編集 ]
  • sakuraパパ 

  • > これ、ネット通販したら爆引き合い沸騰間違いなしです。

    えぇ~? 本当ですか
    もしそうなったら 大変です ^^;
    専用の工場を作る羽目になって そっちの方が大変かも・・・!!

    > 絶対関係者の方の中に設計部門にいらした方がいらっしゃるでしょう(^v^)

    "関係者様お断り" ・・・って 書いておこうかな


    > はやくこのスモーカーでの燻製制作記を掲示してください。
    > 待ってます。

    私も早く試して見たくて 夢にも出てきますよ~ (^^♪
    素晴らしいコメントに感激です。
    有難うございました。
  • 2010/03/05 06:53 | URL 
  • KOBE 1975 

  • すごいです!
    自分も燻製を出来るだけ一度で沢山の量を作りたいなと
    思ったので、自作で容量の大きいスモーカー作りたいなと
    思いますが、ここまで考え抜いた本格的なものは到底
    頭脳的にも技術的にも僕には無理です・・・
    いいですね~
    この大きさのスモーカーでみんなでわいわいと
    燻製を堪能するのって。
    早く試運転したいですね~。
  • 2010/03/05 18:38 | URL 
  • sakuraパパ 

  • いやあ~ 何と嬉しいコメントじゃないですか (^^)
    仲間の人がここまで 喜んでくれたのは初めてです 感激!!!!!!
    この箱はまだ ただの箱ですすから
    これから魔法の煙を燻して 吉と出るか凶と出るかドキドキものですよ
    試運転・・立ち会いますか? ^_^;
    また 結果ご報告しますので お楽しみに!!
    嬉しいコメント いつも有難う御座います。

  • 2010/03/05 21:21 | URL 
  • GRI 

  • 燻製器完成おめでとうございます。どんなのができるか楽しみにしていました。
    素晴らしい出来栄えですね、いろいろと検討されたのが良く分かります。
    ところで、温燻の温度ですが、10分ですと、まだ燻製器そのものが温まっていないのでは・・・と思います。
    特に冬場はつらいです。

    それにしても容量が大きいので、1200Wのコンロを使うのであれば、「EUPA UGC-1」が安く手に入るかと思います。私はamazonで購入しました。(※ URLをクリックしてみて下さい) (^_^)v
  • 2010/03/06 07:52 | URL   [ 編集 ]
  • sakuraパパ 

  • GRIさん、ブログ見て頂いて有難うございました。
    コンロですが、シーズヒーターの1000Wを注文してしまいました。明日自宅に届くはずです。
    これもなかなか優れものだと 思います。届いたら画像UPしますね。
    EUPAの電気コンロ見ましたが めっちゃ安いですね  ^^;
    Amazonで 1580円・・??
    もう少し早く情報があれば こちらにしたかも・・。
    有難うございました。
  • 2010/03/06 13:05 | URL 
  • uribon 

  • す、すごすぎます!!
    造りも綺麗で、なにより機能・性能がすごい!

    冷燻室がほとんど外気温と同じとは・・
    熱源から遠く&方熱効果のあるアルミジャバラがきいてますね~

    スモークサーモンとかやってみたいですね^^
  • 2010/10/24 12:47 | URL 
  • sakuraパパ 

  • uribonさん、こちらにコメント嬉しいです♪
    だいぶ前の事に成りますが いろいろと試行錯誤して
    現在では温度管理も微妙に1200ワットのシーズヒーターと練炭も
    併用で何とか 多様な温度帯でできる様になりました。
    今度の31日の日曜日にサーモンと卵とイカの燻製を200人前
    やる予定です。 地区の祭りのためですがね・・・
    これからも宜しくお願い致します。
  • 2010/10/24 20:23 | URL   [ 編集 ]
  • 松尾 重成 

  • 私も燻製初心者です。ダンボールから鉄板製を使ってきましたが
    保温効果を考えてコンパネで新作を考えております。
    楽しく見させていただきました。
    一つ教えていただきたくよろしくお願いします。
    ジャバラが見える写真の下の部屋(黄色の仕切りの手前)は、
    冷燻の時に電熱器を置く場所でしょうか?
  • 2013/03/05 15:28 | URL 
  • sakuraパパ 

  • 松尾様、コメント有難うございました。
    ご質問ですが 蛇腹の下の空間は冷薫用の物で 電熱気を使うと温度が上がって意味がなくなります。使う時はスモークウッドだけで蛇腹を通して上の箱へ煙だけを送るようになっています。反対側の空間は温薫 熱薫が同時に出来るように仕切版に断熱材を入れてあります。冷薫が出来る時期はせいぜい3月上旬までですので それ以降は冷薫を来ませんので 上下の箱の仕切版も取り外し上下一体で大量の燻製もできる仕組みです。勿論上下の仕切版にも断熱材を入れてあります。ご参考までに・・。

  • 2013/03/05 20:23 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://ibushigin823.blog117.fc2.com/tb.php/8-e97d727e

2010/03/03 09:25

2月28日日曜日に 作り掛けの特製燻製器を組み立て終えましたので 全貌をお伝えします。

始めにアップした設計図に沿って部材を調達し すったもんだしながらの製作でしたが、結局

最後の仕上げは、皆の都合が付かなくて私一人での寂しい燻製器作りとなりました・・・^^;

 

今回の製作目的は ・・・

①  温度が低い時期は 温燻、熱燻、冷燻が同時に出来る構造である事

②  その構造は木製(パネコート)とし、上部の冷燻室と温燻、熱燻を分離可能な構造にする事

③  夏祭りなどの時に ある程度大量に燻製が出来る容量の物を作る (全体が温燻、熱燻室)

 

 

という事で 早速その全貌をご覧下さい !!  (少し大げさですが・・)

 

DSC00251_convert_20100302065702.jpg 

前面の全体画像で 一番下が温燻の熱源室 真ん中が温燻室 上が冷燻室です

白く斜めに帯状に見えるのが上下分離出来る部分で遮熱構造になっています。

各扉には7ミリのガラスをはめ込み 左右にスライドして煙の調節が出来る様になっています

中の様子も確認できるのが嬉しいです・・・(おそらく煙で見えない??)

 

 

 

DSC00255_convert_20100302070538.jpg 

側面の下の状態ですが、温度計とサーモスタット式のタイマーを設置しました

 

 

 

DSC00252_convert_20100302065919.jpg 

背面の状態です。一番下が冷燻の熱源室になります。ここも内部が見えるようガラス入りです。

アルミジャバラで上部の冷燻室に煙を送るようになっています。アルミジャバラは放熱効果があるので

外勤温度が20度までは 冷燻には問題ないはずです・・・。

全体を温燻室として使う場合は 斜めの遮熱板とジャバラを外して 白い丸のふたで穴を閉じます。

 

 

 

DSC00253_convert_20100302070045.jpg 

冷燻の熱源室の扉を開けた状態・・・奥に見える黄色い仕切りが温燻の熱源室に当ります

 

 

 

DSC00260_convert_20100302071231.jpg 

こちらが温燻の熱源室です・・・前の画像の裏側部分にあります。

空気の取り入れ口の穴を4つ つけました。

 

 

 

DSC00259_convert_20100302071121.jpg 

温燻室の内部の網棚も自作です。設計図では3枚の予定でしたが2枚になっています・・・(手抜きです  ^^;)

上の穴は煙の出口を2つ つけて・・・

 

 

 

DSC00258_convert_20100302070936.jpg 

上に見えるのは吊り下げ棒を4本取り付けてあります

ここも天井に勾配をつけ 結露した水滴が材料に当らないように奥に下がって下に落ちるようにしてあります

 

 

 

DSC00266_convert_20100302072144.jpg 

冷燻室の網棚は1枚です。 画像が悪いですが左下に見える穴が冷燻の煙が送り込まれる穴です

 

 

 

DSC00267_convert_20100302072250.jpg 

冷燻室の天井も同様に勾配をつけて 吊り下げ棒を4本取り付けました。

上の穴はやはり煙の調節穴です。

 

 

 

DSC00273_convert_20100302073119.jpg 

眺めている間に 当りもすっかり暗くなってきました

さて 温度が何処まで上がるのか心配で データー取りをしなければ。 その結果・・・・・

 

 

 

DSC00270_convert_20100302072639.jpg 

外気の温度が ちょうど7.5度です・・・・?

実はこの測り方にはミスがあり、物干しの金物に付けて測った為 金属の冷たさで低い数字になっていた為

ほかの場所で測った時の温度がちょうど9度でした この時誤って画像を削除した為その画像がありません・・

 

 

DSC00271_convert_20100302072835.jpg 

その時の庫内部の温度が8.8度でした  (ビスがちょっと見苦しいですね・・ ^^;) 

外気温度より 0.2度低い原因はわかりませんが まあ ほぼ同じと思って下さい・・

 

 

 

DSC00275_convert_20100302073244.jpg 

600Wの電熱器の温度を全開にして 10分経過した段階で温燻室の温度は30.5度までしか上がらず

これでは温度不足です。電熱器のW数の大きい物が必要になりますね  (1~2kW相当の物・・?) 

 

 

 

DSC00276_convert_20100302073403.jpg 

この時は上下の遮熱板を取り付けて 上の冷燻室の温度は9.4度で 外気温度が9度ですから温燻室の温度がほぼ

影響していないという事になります。一応温燻室と冷燻室の温度は同時にでも管理できる事がわかりましたので 

この特製燻製器作りは、まずまずの成功といえようか・・・(自我自賛ですが)

 

始めの設計図では外側に杉の板を張る予定でしたが、それは止めて自然塗料で塗る事にしました。

きょうは ここまです・・・・。  あぁ~ 疲れた~!!  ^^;

 

この次は 実際にいろいろな材料で実際の燻製作りをして またその作品をご披露したいと思いますね (^^♪

 

 

  

関連記事
スポンサーサイト

14 Comments

  • 嫁♪ 

  • こんにちは♪
    本格的スモーカーですねぇ。

    熱・温・冷燻が一気に作れるなんて
    本当にすごいと思います。

    自作スモーカーでの
    燻製作り報告楽しみにしてます❤
  • 2010/03/03 13:56 | URL 
  • sakuraパパ 

  • > こんにちは♪
    > 本格的スモーカーですねぇ。

    そのつもりで作りましたので、一応温度管理がしっかり出来れば
    後は味付けと根性で 頑張ります !!

    > 熱・温・冷燻が一気に作れるなんて
    > 本当にすごいと思います。

    素人が作った燻製器ですので・・・^^;

    > 自作スモーカーでの
    > 燻製作り報告楽しみにしてます❤


    我ながら美味しい燻製が出来る事を祈るばかりです・・
    これで出来たらまた ご報告しますね
    うれしいコメント有難うございました。
  • 2010/03/03 18:27 | URL 
  • まーがれっと 

  • 完成おめでとうございます。
    素晴らしい出来ばえですね。
    てっきりNASAが開発したのかと思いましたよ!Σ( ̄口 ̄;;

    今度はこれを使った燻製の記事を楽しみにしています。
  • 2010/03/04 14:02 | URL   [ 編集 ]
  • sakuraパパ 

  • > 完成おめでとうございます。
    ・・・ ありがとう (^-^)ゞ ポリポリ


    > てっきりNASAが開発したのかと思いましたよ!Σ( ̄口 ̄;;
    実はそうなんですよ~・・・特注の発注でして・・^^;

    本当に嬉しいコメントに感謝です !!
    これで作る燻製の味は 格別だと思います !!!!!
    その時は生唾物で 実況しますのでお楽しみに  (^^♪



    > 今度はこれを使った燻製の記事を楽しみにしています。
  • 2010/03/04 17:17 | URL 
  • 怪しい調理人 

  • これ、ネット通販したら爆引き合い沸騰間違いなしです。
    絶対関係者の方の中に設計部門にいらした方がいらっしゃるでしょう(^v^)
    素晴らしい出来栄えです。
    はやくこのスモーカーでの燻製制作記を掲示してください。
    待ってます。
  • 2010/03/05 00:20 | URL   [ 編集 ]
  • sakuraパパ 

  • > これ、ネット通販したら爆引き合い沸騰間違いなしです。

    えぇ~? 本当ですか
    もしそうなったら 大変です ^^;
    専用の工場を作る羽目になって そっちの方が大変かも・・・!!

    > 絶対関係者の方の中に設計部門にいらした方がいらっしゃるでしょう(^v^)

    "関係者様お断り" ・・・って 書いておこうかな


    > はやくこのスモーカーでの燻製制作記を掲示してください。
    > 待ってます。

    私も早く試して見たくて 夢にも出てきますよ~ (^^♪
    素晴らしいコメントに感激です。
    有難うございました。
  • 2010/03/05 06:53 | URL 
  • KOBE 1975 

  • すごいです!
    自分も燻製を出来るだけ一度で沢山の量を作りたいなと
    思ったので、自作で容量の大きいスモーカー作りたいなと
    思いますが、ここまで考え抜いた本格的なものは到底
    頭脳的にも技術的にも僕には無理です・・・
    いいですね~
    この大きさのスモーカーでみんなでわいわいと
    燻製を堪能するのって。
    早く試運転したいですね~。
  • 2010/03/05 18:38 | URL 
  • sakuraパパ 

  • いやあ~ 何と嬉しいコメントじゃないですか (^^)
    仲間の人がここまで 喜んでくれたのは初めてです 感激!!!!!!
    この箱はまだ ただの箱ですすから
    これから魔法の煙を燻して 吉と出るか凶と出るかドキドキものですよ
    試運転・・立ち会いますか? ^_^;
    また 結果ご報告しますので お楽しみに!!
    嬉しいコメント いつも有難う御座います。

  • 2010/03/05 21:21 | URL 
  • GRI 

  • 燻製器完成おめでとうございます。どんなのができるか楽しみにしていました。
    素晴らしい出来栄えですね、いろいろと検討されたのが良く分かります。
    ところで、温燻の温度ですが、10分ですと、まだ燻製器そのものが温まっていないのでは・・・と思います。
    特に冬場はつらいです。

    それにしても容量が大きいので、1200Wのコンロを使うのであれば、「EUPA UGC-1」が安く手に入るかと思います。私はamazonで購入しました。(※ URLをクリックしてみて下さい) (^_^)v
  • 2010/03/06 07:52 | URL   [ 編集 ]
  • sakuraパパ 

  • GRIさん、ブログ見て頂いて有難うございました。
    コンロですが、シーズヒーターの1000Wを注文してしまいました。明日自宅に届くはずです。
    これもなかなか優れものだと 思います。届いたら画像UPしますね。
    EUPAの電気コンロ見ましたが めっちゃ安いですね  ^^;
    Amazonで 1580円・・??
    もう少し早く情報があれば こちらにしたかも・・。
    有難うございました。
  • 2010/03/06 13:05 | URL 
  • uribon 

  • す、すごすぎます!!
    造りも綺麗で、なにより機能・性能がすごい!

    冷燻室がほとんど外気温と同じとは・・
    熱源から遠く&方熱効果のあるアルミジャバラがきいてますね~

    スモークサーモンとかやってみたいですね^^
  • 2010/10/24 12:47 | URL 
  • sakuraパパ 

  • uribonさん、こちらにコメント嬉しいです♪
    だいぶ前の事に成りますが いろいろと試行錯誤して
    現在では温度管理も微妙に1200ワットのシーズヒーターと練炭も
    併用で何とか 多様な温度帯でできる様になりました。
    今度の31日の日曜日にサーモンと卵とイカの燻製を200人前
    やる予定です。 地区の祭りのためですがね・・・
    これからも宜しくお願い致します。
  • 2010/10/24 20:23 | URL   [ 編集 ]
  • 松尾 重成 

  • 私も燻製初心者です。ダンボールから鉄板製を使ってきましたが
    保温効果を考えてコンパネで新作を考えております。
    楽しく見させていただきました。
    一つ教えていただきたくよろしくお願いします。
    ジャバラが見える写真の下の部屋(黄色の仕切りの手前)は、
    冷燻の時に電熱器を置く場所でしょうか?
  • 2013/03/05 15:28 | URL 
  • sakuraパパ 

  • 松尾様、コメント有難うございました。
    ご質問ですが 蛇腹の下の空間は冷薫用の物で 電熱気を使うと温度が上がって意味がなくなります。使う時はスモークウッドだけで蛇腹を通して上の箱へ煙だけを送るようになっています。反対側の空間は温薫 熱薫が同時に出来るように仕切版に断熱材を入れてあります。冷薫が出来る時期はせいぜい3月上旬までですので それ以降は冷薫を来ませんので 上下の箱の仕切版も取り外し上下一体で大量の燻製もできる仕組みです。勿論上下の仕切版にも断熱材を入れてあります。ご参考までに・・。

  • 2013/03/05 20:23 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://ibushigin823.blog117.fc2.com/tb.php/8-e97d727e

当ブログ管理人から一言

多忙な老後人生

Author:多忙な老後人生
燻し吟の会へようこそ!

スローなライフを楽しみましょ ♪

ここは 楽しく愉快な男の遊び場です
いえいえ、決して老若男女は問いませんので、ひざを崩してゆっくりして行って下さいね
旨い酒とおつまみの持参は大歓迎ですから (^^)
趣味は多彩無芸で何にでも興味が有ります

2代目 多忙な老後人生です。
これからもどうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

素敵な仲間のリンク集

カテゴリ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon

Amazonウイジット

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。