--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/03/17 21:40

遂にその日がきた~~!! 

と、言う訳で我々が造った例の特製燻製器の出番です 

早速その新兵器を公園に持ち出して 胸躍る瞬間がやってきた。

なんと 絶好の燻製日和にも恵まれて言う事なしのお天気でした。 (^^♪

DSC00314_convert_20100317111230.jpg 

その後 あの特製燻製器にも有害物質を含まない自然塗料で化粧をしてやりました。

前回の実験データーで自信をつけての燻製作りの予定でした・・・が ?

        ・

        ・

        ・

        ・

冷燻室と温燻室に分けた温度管理に問題は無かったはず・・ うん・・。

今回の燻製作りでは 上下を仕切る遮熱板を取り外して 全体を温燻室に

しての量産体制に挑戦するつもりで 燻製の実験を兼ねたものだった。

画像を見ても上下の仕切りは見当たらないはずだ。

んん・・・何が起こったのか  ??

おい!!  早く教えろって ?・・・   いえ、まだです (^^♪

 

 

 

 

問題はさて置き いろいろ燻製になる素材を準備して 特製燻製器に投入した。

素材としては、まずは絶対外せないのが まずベーコンだ。

ベーコンは 塩漬け方違う方法で漬け込んだ物を2.5キログラム用意した。

後は 味付き半熟卵、魚肉ソーセージ1キログラム、ししゃも、かまぼこ、竹輪、とうもろこし、チーズ煎餅等。

DSC00312_convert_20100317111057.jpg 

           枯れ木に花が咲きました  ^^;

 

 

 

DSC00315_convert_20100317111343.jpg 

投入後のスッタモンダ?・・・は忘れた頃

ベーコンがいい色つきになってきました・・(^^♪

手前の物は市販の豚塊で 岩塩、ハーブ各種、三温糖、黒コショウ、日本酒で1週間漬け込んで塩抜きした。

風乾後 ジップロックで更に1週間チルド保存した。 (生ハムのような状態を期待して・・)

右の物は同士のW氏が特別に仕入れたホエー豚を特製粗塩で一週間漬け込んで

塩抜きをしない方法で真空パックにして 一週間冷凍保存したものを自然解凍して燻製した。

 

 

 

DSC00317_convert_20100317111727.jpg 

出来上がった ぶつを2時間風乾した。

網かごの下の段で 黒っぽい塊に見えるのが ホエー豚のベーコンだ。(ピンボケはカメラモードを間違えて・・)

 

 

 

DSC00316_convert_20100317111548.jpg 

大夫地面近く網かごを置いていたので カラスやネコの餌食にならなかったことが不思議だ !! ^^;

2時間もの間放置した事を 神に感謝をしなければ・・(反省)

 

 

 

DSC00318_convert_20100317111846.jpg 

手前の魚肉ソーセージは太すぎるので縦半分にして、黒コショウ仕立てを半分試した・・(旨い!!)

卵は白いのやら 黒すぎる物が目立ちます。 

順調に行けばこうは成らないはずだ・・・・ ここいら当りで前半の疑問が見えてくるかな?

 

 

 

 

DSC00319_convert_20100317112008.jpg 

さてさて 風乾していた2時間が過ぎて 試食タイムと相成りました

この日は燻製作りに参加出来なかった人達も顔を出してにぎやかな 酒盛りとなった・・

餃子も見えるがS氏の奥方の特製手作り餃子も差し入れして頂き、花を添えてくれた。

この試食タイムは 自分達の作った燻製の出来栄えを喜んだり、反省点などを次回につなぐ貴重な時間だ。

 この時こそ 「燻し吟の会」の 燻して味を吟味する・・・と言う時間だ  (誰ですかただの呑み助って・・)

まあいろいろ あったけど??・・・ネ、Kさんどれもこれも旨かったね~  

 

長くなったので 少しベーコンの事だけ書く事にしようか・・

1週間岩塩漬け込み、更に1週間チルド保存のベーコンは、通常より熟成期間が長かったにも拘わらず

絶品のベーコンに仕上がっていたのだ まさにこれがベーコンだあ~ !!  というものだった。

ホエー豚の特製粗塩漬け込みの塩抜きなしの物は、今まで味わった事のない超絶品な味に仕上がっていた

初心者が言うのもなんだが、ベーコンの燻製は ほんとはまり込んだら抜け出せませんね !!

諸先輩方達がとりこになる理由も sakuraパパはうなずける次第です (^0_0^)

 

特製粗塩方という物は 塩そのものではなく 混ぜ合わせる内容と時間に違いがあるようだ。

 

 

簡単にレシピを紹介すると・・・

新鮮なホエー豚肉1キログラムに対して

粗塩25g、三温糖10~15g、黒コショウ5~10g、オールスパイス5~10g、玉ねぎ1/3、にんにく1かけら、

日本酒40~50cc(お好みで) を満遍なくすり込み1週間漬け込み、塩抜きせずに更に1週間熟成させた。

これで完璧に燻製が出来たら超絶品物です・・・・一度 お試しあれ !!

 

同志の皆さん、挑戦は始まったばかりだよ!!  世界一の燻製目指して・・・  ん・・?  ファィトー

 

 

あっ そうそう 記事前半で書いた何が問題だったのか・・・ ?

長くなってしまったので この問題の回答は次回のお楽しみに取っておく事にしよう  ^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

当ブログ管理人から一言

多忙な老後人生

Author:多忙な老後人生
燻し吟の会へようこそ!

スローなライフを楽しみましょ ♪

ここは 楽しく愉快な男の遊び場です
いえいえ、決して老若男女は問いませんので、ひざを崩してゆっくりして行って下さいね
旨い酒とおつまみの持参は大歓迎ですから (^^)
趣味は多彩無芸で何にでも興味が有ります

2代目 多忙な老後人生です。
これからもどうぞよろしくお願いします。

最新記事

最新コメント

素敵な仲間のリンク集

カテゴリ

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon

Amazonウイジット

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。